読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒好き地方女子の活動記

就活中の地方女子大生のブログ

帰省、そして1dayインターン

興味のある業界のインターンがあったため実家に帰省している(実家も地方)。大学のある県から地元までは早くても6時間。1番安い方法だと10時間は簡単に越える。今回はバスと新幹線と電車を乗り継いで帰ってきた。

なんの自慢にもならないけど、私は乗り物酔いしやすい体質である。毎回グロッキーになりながら帰省しているけど、今回もバスがキツかった。新幹線は比較的酔わないから、昨年始めたばかりの、10年前に発売されたポケットモンスターパールをプレイしながら乗ってた。今はポケモンリーグ。そういえば帰省の最中にバスで隣に座った男性が、ずーっとアニメを視聴していた。酔わないのか。



さて、インターンの話だが、内容についてはSNSなどで言わないようにと釘を刺されたため、そのことを書くつもりはない。内容を避けつつ感想を書くことにする。

一番印象に残ったのはインターンに参加していた他の大学生の学歴の高さ。少なくとも私の通う地方国立大よりは名のとおった大学ばかり。地元のインターンだから、地元の大学の方ばかりだろうと思っていた。一番最後に自己紹介をするとき気が引けた。大学のレベルは就活に関係ないと思ってはいたけど人事の方が明らかに有名大学の子を気にかけていて、不満だった。ちょっと辛かった。

1Dayの仕事体験型インターンだったが、社内見学もあった。忙しい中学生のために手を止めて話をしてくれる方も居て、素敵な職場だなと思った。地元で就職するつもりはなく、今回は職種の参考のためにインターンに参加した。インターンは楽しかったし、職場の雰囲気も社員の待遇も良かった。気になっていた職種の体験をして、思っていたより体力もいるし何より自分で考えなきゃいけないことが沢山あって難しく感じた。そのぶん大きな達成感を感じる仕事だった。参加して良かったと思う。

あと、見学をしてて印象に残ったのは違う部署の社員さん同士の仲が良いこと。この企業みたいに、働くなら皆が仲の良い職場がいいなぁ。社員皆が仲良しで1つのものを皆で作りあげるような、そんな企業を探している。

1dayのインターンには参加しない方が良い」とネットで見たんだけど、実際どうなんだろうか。参加して役に立てるかどうかは、その人次第なんじゃないか。私はめっちゃくちゃ参加したかった都内の長期インターンに落ちたので、1dayのインターンしか参加予定がない。長期インターン行きたかったし、会社見学もしたかったのだが。地方から都内まで交通費が物凄いので、1dayをいくつも行くわけにはいかない。そこで私は、都内の1day体験型インターンを連日で参加するように予定を組んでいる。ってことで今度はじめて東京に行くのである。ちょっと緊張している。迷いそうで不安だ。

交通費や参加費がでるインターンがもっと増えると良いのに、と思う。「都内で就活したいんなら都内の大学行けよ」と言われそうだ。やっぱ都内の人の方が就活は有利なんだろうか。今の大学に入ったこと後悔はしていないんだけど、就活するとなると話は別なのである。何にせよ費用がかかるのは不利だ。

まぁとにかく、色んなことに負けずに頑張る決心はついている。自分のペースでやりたいことやるのだ。