読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒好き地方女子の活動記

就活中の地方女子大生のブログ

都内で就活!地方学生の就活サイト事情

3/1、就活解禁した。怖い!


プレエントリーから戦いが始まると聞いていたので、日付が変わる瞬間はリクナビに張り付いていた。あの、カウント機能、ドキドキしてくるから心臓に悪かった。リクナビさんの演出は学生を追いたててくるね。
で、張り付いていたのにサーバー落ちて繋がらなくなる企業がいくつかあったな。Wi-Fi頑張れ!って思いながら見てたが、2時に寝落ちしてしまった。20社くらいプレエントリした。説明会に行くのは10社程度。

今日は3日、もう3日たった。早い。キミスカやあさがくナビなど、色んなスカウト型就活支援サイトに登録しているんだけど、4~5社くらいスカウト来てた。これ、地方の学生はどんどん登録して行った方がいいんじゃないか。ベンチャー企業が主なので、会社と一緒に成長していきたい!って学生はぜひ。特に私はキミスカと、JOBRASSをおすすめしておこう。詳しくは調べてみてください。

企業から探してスカウトを頂けるのは良いが、デメリットもある。私の場合、来てたスカウトメールは他の就活生にも送ってるような文章が多かった。企業にとっては学生に興味をもって貰うことが大切だから、ランダムに送っているのだろうか。DMみたいに煩わしく感じてしまうかもしれない。

そういえば、キミスカでプラチナスカウトが来てた。プラチナスカウトっていうのは、なんでも企業が「とにかく貴方に会いたいんだ!!」と言うアピールのために少人数にだけ送れるスカウトメールらしい。私に来ていたプラチナスカウトはIT系の会社で、エンジニアを募集していた。私は文系だけど、文系でも育成のための研修が充実しているらしい。この企業は私の自己PRに言及したコメントを送って下さった。学生は一生懸命書いてるから、読んで貰ったのがはっきりわかるのは嬉しい。企業によっては、今後の就活のために自己PRにアドバイスをくれるところもあるみたい。


マイナビにも、GPチャレンジやスカウト機能がある。しかし、GPチャレンジは就活解禁してからだと、そこまで効果を感じない。気がする。これに関しては他の就活生の意見を聞きたい。私は働きたい企業イメージを具体的にまとめるときに役に立てた。活用方法は色々あると思うが、これもGPを適当に振り撒いているのなら微妙かな。私がGPチャレンジをした企業で、土曜の22時頃チャレンジした5分後にGPをくれた企業がある。書いてある就業時間ではないはずなのに、しかも応じるの早い。ここには絶対いかないと決めた。

まだ書きたいことは色々あって、例えば、地方学生のための応援サイトがある。都内で就活する地方学生のために宿泊施設の支援も行っていて、再来週、私も利用させて頂きます。少し検索すればすぐに出てくると思う。宿泊施設についてのレポートも、利用後に投稿しようと思っている。

あと、地方学生が都内で就活する時の費用についてもまとめていきたい。これは私の現状に絡めて次の記事で書こう。宣言する

今日は都内ではないが県外に出て就活してきた。都内に本社を持つ企業の説明会と、一次選考があったのだ。他の就活生達と和やかに会話しつつGDをした。一次選考、通っていると嬉しいな。今日は疲れたし「ほんしぼり」の桃と、「ほろよい」の桃を呑んだ後なのでそろそろにしよう。

地方就活生の仲間達が、このblogを読んでくれたら嬉しいな~とぼんやり考えながら、おやすみなさい。